新郎新婦

結婚指輪を見た目の印象で決めたいなら|ブランドショップで購入する

花嫁目線での二次会服

紫のドレス

特別感の漂うドレス

花嫁は、結婚式にはウェディングドレスを、披露宴はお色直しのドレスを着るものです。しかし、二次会には何を着たら良いのでしょうか。二次会の服装で話題になるのは、実はゲスト側の方が多いものです。花嫁の服装については、結婚式や披露宴までは話題になります。しかし二次会はあまり取り上げられず、混乱する人も多いでしょう。多くのゲストは、華やかな二次会ドレスを着て来ます。普段着ているワンピースより質が良く、デザインもフォーマル寄りでしょう。それはおめかしワンピースとも言えるものです。そこで花嫁に求められるのは、さらに特別感の漂うドレスです。主役で注目される分、ゲストに差を付けた二次会ドレスが必要となるでしょう。

華やかさと個性を

多くの場合、ゲストの二次会ドレスは黒などの無難な色でしょう。明るい色の場合でも、ベージュや淡いピンクなど優しい色みが多いはずです。そこで花嫁が選びたいのは、赤やターコイズブルーなどのはっきりした色です。これらの色はバッティングする可能性が低い上、二次会のポップな雰囲気によく合います。よく目立つため、ごちゃごちゃしがちな二次会の場でも華やかでしょう。さらに個性を追求する場合、意表を突くデザインも良いでしょう。例えばスウェット素材でありながら、ビジューが付いたドレスです。スウェットのようにカジュアルな素材は、普段着に使われるものです。しかしビジューを付けることにより、二次会ドレスにまでランクアップします。さらにブーケやアクセサリーを付けたりして、着飾った雰囲気を出しましょう。このようなドレスであれば、どのようなゲストとも差を付けられるはずです。